千葉県いすみ市にある社会福祉法人 槇の里 いすみ学園のWebサイトです

 

       

   いすみ市 ふるさと納税  

☆ふるさと納税ギフトに参加してい   ます。~下記よりご覧ください!~ 

   ⇩  ⇩  ⇩ 


 A816 大地の恵みセット

 

>
地域貢献事業

地域貢献事業

  いすみ学園では、社会福祉行政などから恩恵を受けるだけではなく福祉の重要な担い手

   として地域住民などから期待・信任を得続けるため下記の事業を実施しています。

 

 

 
いすみ市受託整備事業

 ・万木城跡公園草刈

   旧夷隅町の高台にある城跡の草刈りを4月6月9月11月に利用者・職員で

   行っており、きれいに清掃され年間を通して来場される方が年々多くなって

   います。

 ・広域農道草花植栽

   いすみ市と茂原市を結ぶ広域農道の旧夷隅町の部分3㎞を道路両側に設置され

   た歩道の花壇に春には菜の花、秋にはコスモスの花が咲くように利用者と職員

   が植栽を行い道路を行き交う方々に季節を感じていただいています。

 

 
いすみ市孫の手生活援助事業

 これは、いすみ市が市内の在宅の高齢者に対し、軽易な日常生活上の援助を実施

するとともに当該援助に係る費用の一部を助成することにより、自立困難な高齢者

の日常生活を支援し、もって高齢者福祉の増進に寄与することを目的としています。

いすみ学園では、当該事業に指定事業者として登録申請を行い指定事業者の認可を

受け、いすみ市の高齢者福祉の一翼を担っています。

 

 
いすみ市災害時福祉避難所指定

いすみ市では、平成27年1月27日、市内の特別養護老人ホーム4施設と指定障害者

支援施設1施設(いすみ学園)の5施設と「災害発生時における福祉避難所の設置

運営に関する協定」を締結しました。

これにより、福祉避難所は千葉県立特別支援学校と合わせて6箇所となります。

この協定では、いすみ市内に発生した地震その他による災害時において、避難所で

の生活に支障がある高齢者や障害者など「特別の配慮を要する者及び家族」を、一

時的に生活する場所となる福祉避難所としての設置運営について協力関係を結びま

した。

協定内容は、避難所を開設する際の手続きや、管理運営上の責任、さらに開設期間

等に関し必要な事項を定めたものとなっています。

 

 
グループホーム(さくらの家・たんぽぽの家)入居者による地域清掃活動

社会福祉法人槇の里では、いすみ学園の他に市内にグループホームを2箇所設置

しています。

平成4年10月に「さくらの家」(定員6名)、平成21年10月に「たんぽぽの

家」(定員6名)を設置しました。ともに住宅街に建てられ地域住民に親しまれた

生活を送っています。

月に一度ですが、地域の方に受け入れられるようグループホーム周辺の清掃活動

を入居者と職員でおこなっています。

 

 
海上保安庁受託整備事業

平成26年度より海上保安庁第三管区銚子海上保安部の管轄である勝浦市の勝浦

灯台の敷地内の草刈りを利用者・職員で行っています。

 

 
千葉県警いすみ警察署受託事業

平成26年度より千葉県警いすみ警察署敷地内の草刈り・花壇の草取り及び整備

を利用者・職員で行っています。